Top Page

New Post
kobuhakucho
手賀沼コブハクチョウは自転車で走っているとしょっちゅう見掛ける。だいたいいつもいる場所は決まっている感じだ。そんなコブハクチョウは、ある見方をすれば水田などを荒らす害鳥となってしまう。人間視点ではそうなるんだろうけど害鳥って如何なものかと。
Tega Ohashi 2
テレビ朝日のドラマ「Believe―君にかける橋―」の第2回(2024年5月2日放送)の終盤狩山陸(木村拓哉)と妻玲子(天海祐希)が橋を眺めながら語り合う回想シーンが登場。そこに映っていたのはいつも自転車で渡る手賀大橋。その2は下からの眺め。
Tega Ohashi
先日テレビ朝日のドラマ「Believe―君にかける橋―」の第2回(2024年5月2日放送)を見ていたら、終盤狩山陸(木村拓哉)と妻玲子(天海祐希)が橋を眺めながら語り合う回想シーンが登場。そこに映っていたのはいつも自転車で渡る手賀大橋だった。
Read More
Category
kobuhakucho
手賀沼コブハクチョウは自転車で走っているとしょっちゅう見掛ける。だいたいいつもいる場所は決まっている感じだ。そんなコブハクチョウは、ある見方をすれば水田などを荒らす害鳥となってしまう。人間視点ではそうなるんだろうけど害鳥って如何なものかと。
Kamo
手賀沼公園で以前に撮った写真。鴨が三羽並んでいるんだけど、ナゼかこの写真、エマーソン・レイク&パーマー1972年のアルバム 『Trilogy』のカバー・アートを思い出す。逆向きだけどキース・エマーソン、グレッグ・レイク、カール・パーマーなのだ。
Sodento
手賀沼沿いにはいくつもの送電塔が走っている。これを景観を損ねると思うのか?自然の中に人工物が交じり合ってある意味美しいと感じるかは人それぞれだろう。ないに越したことはないが、赤と白の送電塔も手賀沼の一部だと思えばそれはそれで美しくも見える。
hyakukoshin
千葉県印西市浦部の木下街道沿いに並んでいるのが赤い百庚申。天保十年(1839年)に造立されたもので刻像塔10基と文字塔90基からなっている。普通の百庚申でもその光景はなかなか壮観なものがあるが、それが赤い百庚申となると更にインパクトがある。
neko no ki
いつもの遊歩道、いつも青空の下に大きな猫が横たわっている景色がある。そこを通る人の中にはきっと同じように思っていたり、猫の木と呼んでいる人だっているに違いない。実際、自分のブログに写真を載せて猫の木と表現している方がいたが亡くなってしまった。
omenuma-bashi
小目沼橋は小貝川両岸の下小目と平沼を結ぶために作られた木製の橋で、長さは95m、橋幅は1.7mほどで欄干はない。川もすぐ下にある感じで、あるく分にはそれほどでもないが自転車に乗って渡るとちょっと怖い。この橋はドラマや映画のロケにも使われる。
Read More
Sakura to Nanohana
いろいろあるけどそれでも春はちゃんとやって来るのだ。それはもうあたりまえのことなんだけどそのあたりまえがあたりまえでなくなることだってある。桜をみることができる。菜の花をみることができる。あたりまえがあたりまえであることは素晴らしいのだ。
happa
その葉っぱは遊歩道の真ん中に浮かんでいた。落ちていくわけでもなく、舞い上がるわけでもなく、ただただそこに止まっていた。まるで時間が止まって、あらゆるものが動くことを諦めてそこに佇んでいるかのように。でも時間は止まっていないし、実際にボクは動けている。
botankusagi to nagasakiageha
自転車でいつも通る遊歩道に毎年咲いている花がある。多分ボタンクサギだろう。中国中南部原産クマツヅラ科の落葉低木で、半球状の花をボタンに見立て葉に臭気があることからボタンクサギ。アゲハチョウが好んでよく飛来する花で、この時もナガサキアゲハが。
happa
それにしても夏は緑色をしていた葉っぱが、秋になるといろいろな色に変化するのはどうしてなんだろう?そういうものだ、で済ましてしまうには勿体ない不思議だ。葉っぱが緑色なのは、葉っぱの中に葉緑素と呼ばれる緑色のつぶがたくさん含まれているからなのだ。
susuki?ogi?
多分この写真に写っているいるはススキではなくてオギなんだろうな。ススキは乾燥した場所に生えるから、沼沿いのこれはきっとオギに違いないだろう。まあススキであろうがオギであろうがどちらにしてもその姿を見れば秋の到来を感じることに変わりないけど。
kinmokusei
夏が終わり彼岸花が咲き終わる少し涼しくなってきた頃に金木犀の香りは突然やって来る。中国では月には金木犀のような香り良き巨木があり、その花が一斉に開花するから秋の月は金色に輝くと信じられていた。日本では和歌や文学に『月の桂』がよく出てくる。
Read More
  
hokosha ni cyui
まあ決してこんなことしちゃったら良くはないんだけど、ペダルを漕いでいていつも笑ってしまうのがコレ。ねえねえおとうさん、なんでこの白い人たちには顔がないの?と言われてついついこんなことをしてしまったのなら許してあげたくなってしまうんだけどね。
donguri
ベンチにドングリを並べてみた。ベンチが秋になった。このドングリは橡のものだろう。橡といえば万葉集の中に大伴家持が詠んだ歌がある。紅はうつろふものそ橡のなれにし衣になほ及かめやも。紅色は華やかだがすぐ色褪せる。地味な橡色に染めた衣には及ばない。
inekari
稲が刈られている最中に白い鳥が集まってくる。シロサギだ。なんでも稲が刈られた田んぼは土の中に隠れていたカエルやバッタが飛び交う獲物の宝庫と化すらしい。まあ苦労して餌を探さなくたって楽に餌が手に入るんだからそりゃあ集まってくるに決まっている。
giant moa
高さ3.6m、体重250kg。高さだけで見れば史上最大の鳥ニュージーランドの飛べない鳥がジャイアントモア。今では絶滅してしまってその姿を実際に見ることはできない。そのジャイアントモアの巨大なモニュメントが千葉県我孫子市の鳥の博物館前にある。
rolling stones new album
ストーンズの新作『Hackney Diamonds』がリリースされる。カバー・アルバム『Blue and Lonesome』から9年ぶり、オリジナル・アルバム『A Big Bang』からだと実に18年ぶりのこと。ドラマの主題歌にもらるらしい。
imac
部屋を片付けていたら出てきたのがiMacのポスター。確か購入した時に付いていたものだったはずだ。このポスターを見るとあのクルクルと回る5色のiMacのCMと流れていたストーンズの『She's a Rainbow』が頭の中をグルグルと駆け巡る。
Read More
Read More
タイトルとURLをコピーしました