1998年ストーンズ3回目の来日はあまり記憶にない(R.I.P.Charlie Watts)

Bridges to Babylon Tour

Bridges to Babylon Tour ’97–98

Bridges to Babylon

ストーンズ3度目の来日は『Bridges to Babylon Tour ’97–98』
1998年3月12-21日までの6公演。

この時のことは、
なぜかあまり記憶にない。

誰と行ったのか?
は覚えているけれどそれくらい。

あとは中央の円形の大きなスクリーンや長い橋で繋がっているBステージなど、
ステージ・デザインは結構印象に残っている。

セットリスト

Bridges to Babylon

セットリストはウェヴ投票の曲とか一部差し換えがあるくらいで、
概ねこんな感じだった。

01 (I Can’t Get No) Satisfaction
02 Let’s Spend the Night Together
03 Flip the Switch
04 Gimme Shelter
05 Sister Morphine
06 It’s Only Rock ‘n’ Roll (But I Like It)
07 Saint of Me
08 Out of Control
09 Shine a Light
10 Miss You
11 All About You
12 Wanna Hold You

B-Stage
13 Little Queenie
  (Chuck Berry cover)
14 Let It Bleed
15 Like a Rolling Stone
  (Bob Dylan cover)

16 Sympathy for the Devil
17 Tumbling Dice
18 Honky Tonk Women
19 Start Me Up
20 Jumpin’ Jack Flash

Encore:
21 You Can’t Always Get What You Want
22 Brown Sugar

もっと昔のストーンズを観たくなったのかもしれない

ストーンズ70年代ポスター

さすがにこの頃は、
以前よりもストーンズの公演の有難味みたいなものがなくなっていたのかもしれない。

前回から3年しか経っていなかったこともあったかもしれないけど、
やはりアメリカで観たことも要因の1つかもしれない。

いや、
違うな。

多分、
何回か観たことで6・70年台のストーンズが観たかったなとなってしまった気がする。

6・70年台のストーンズの映像や音はいくらでもあるんだけれど、
それらを観たり聴いたりすればするほどその頃に行けてたらなという想いは募るばかりだ。

何かに満足すると、
また違うものを求めたくなるのは仕方のないことだ。

満足の中で充分満足な人たちもいれば、
違う満足を求めるタイプもいるのだ。

とは言っても、
行けばそれなりに楽しめたし盛り上がったのは間違いない。

The Rolling Stones – Midnight Rambler

そんなわけで、
未だに変わっていない1番見たかった頃の音を。

1970年リリースの『Get Yer Ya-Ya’s Out!’ The Rolling Stones in Concert』から、
まさにカッチョイイの一言『Midnight Rambler』。

それにしてもこのアルバムのジャケットのチャーリーは、
本当にチャーミングだね。

こちらもどうぞ!

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました