7月 文月 July

7月

7月だね

さて、
2021年もいよいよ後半に入ったね。

女郎花月、
建申月、
親月、
七夕月、
桐月,
七夜月、
初秋、
七月・文月、
文披月、
愛逢月、
蘭月、
涼月…。

7月もいろいろな言い方がある。

今は現実なんだろうか?

時々思うのだけれど、
今って本当に現実なんだろうか?

何だかおかしいぞということがおおっぴらにまかり通ったり、
誰かがおかしな呪文を唱えて煙に巻いたり。

非現実的な日常はもう現実で、
恥という概念は崩壊して狂った正常が積み上げられていく。

でも『もはやこれまで』とは決してならないところがミソで、
グダグダゆらゆらコトは進んでいく。

何が普通かはわからないし、
普通は変わっていくものだろうけどそれでもあまりにも逸脱した時間が流れている。

そうはいっても結局は何とかなっていくもので、
その『何とか』が思い描いたものとは違っていても受け入れ慣らされていくのだ。

♫ Uriah Heep – July Morning


まあそれでも取り敢えず7月だしこの曲でも聴こう、
ユーライア・ヒープ1971年の『Look at Yourself』から『July Morning』。

コメントしてみる お気軽にどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました